トピックス

産直コペルvol.28のご紹介!

タイトルなし

本号の特集は、農家の冬について。


タイトルなし

一般に農閑期といわれる冬。寒暖な地域では特に、農作物の栽培が難しいため冬季にには別の仕事を持っているという農家も少なくありません。
今号では、そんな「農家の冬」にスポットを当てて、冬の過ごし方について聞いてみました。
冬場の農家の仕事や楽しみを伺った他、全国の直売所には、冬期のイチオシ商品を取材。他、冬に食べられている郷土食も紹介します。

* 雪下野菜の栽培  JAえちご上越(新潟県上越市)
* 冬の楽しみ 狩猟  酒井富造さん(岐阜県中津川市)
* 雪室の活用  飯綱町ふるさと振興公社(長野県飯綱町)
* 全国の直売所に聞く 冬のイチオシ商品
* 冬に食べたい郷土食


 

◆直売所訪問記
直売所訪問記の舞台は宮城県。
「あ・ら・伊達な道の駅」さんと「農産物直売所AOYA」さんに、店舗の開設経緯や、コンセプト、地域への思いを伺いました。

全国の地域おこしの先進事例が満載

世界農業遺産 静岡の茶草場農法

タイトルなし

 お茶の生産量日本一を誇る、日本の茶どころ静岡県。栽培面積・収穫量の両方において全国の40%以上を占める。
 同県西部に位置する掛川市も、お茶どころとして有名な産地の1つだ。そんな掛川周辺地域の茶栽培において、古くから受け継がれてきたのが「茶草場(ちゃぐさば)農法」と呼ばれる独自の栽培技術である。2013年には、世界農業遺産にも認定されている。
 シリーズ第3弾となる今回は、「茶草葉農法」の価値・効果に迫ると共に、実際にそれを実践する農家に、その思いやお茶栽培の実情を聞いてみた。



茶草場農法とは



 「茶草場農法とは、茶園の周囲に生えているススキなどの植物を刈って、それを圃場に敷きつめる伝統的な農法です」
 そう教えてくれたのは、静岡大学農学部教授の稲垣栄洋さん。実はこの方、茶草場農法の農業遺産認定を働きかけた立役者でもある。
 「茶草場」とは、茶園の周辺にある、ススキやササなどの草地を指す。周辺に生えるこれらの植物を、秋から冬にかけて刈り取り、干して乾燥させてから茶園の土の上に敷きつめるのが、茶草場農法のやり方だ。これをすることで土が柔らかくなったり、お茶の味や香りが良くなったりすると言われている。
 茶草場農法は、「いつからそれが行われているかわからないほど昔から、この地域で当たり前に伝承されてきた農法」だという。



里山草地の維持



 「茶草場農法が農業遺産に認定されたポイントの1つとして『里山草地(そうち)の維持』が挙げられます」と稲垣さんは説明する。
 里山草地とは、ある程度人の手が入ることで維持管理されている草地環境のこと。かつてススキなどの植物は、牛の餌や茅葺き屋根、田畑の肥料に使われるなど、人々の生活とは切り離せないほど日常的に必要とされるものだった。
 「そのため、1880年代には、国土の約30%が里山草地でした。それが、生活スタイルの変化に伴い、そうした資源は放置されたり、宅地開発によってどんどん姿を消すようになりました」

地元、信州の農・食・暮らしを発信

掲載記事の誤りについてのお詫び

「さんちょく新聞」第97号(2017年12月23日発行)5ページ、および8ページの「道の駅ヘルシーテラス佐久南」様の店名の記載に誤りがありました。

誤) 道の駅ヘルシーテラス佐久浅間
正) 道の駅ヘルシーテラス佐久南

読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

直売所がこの先生きる道を共に探る

直売所経営セミナー2018in宮城県

タイトルなし

直売所・加工所・道の駅の皆さま必見、直売所経営セミナーin宮城県のお知らせです。

「農産物直売所」や「農産加工所」の経営に関する疑問やお困りごと、解決策をみんなで考えてみませんか?





地産地消食材ブームの中、全国的に直売所や産直コーナーの間の競争が厳しくなっています。売り上げ不振、農産物不足、農家の高齢化などで経営が難しくなっているところも少なくありません。今回のセミナーでは、こうした状況を克服するために、各店の経営や店づくりに関する意見や情報の交換と実践的な研修を行い、経営のヒントや具体的な解決策を考えていきます。
ぜひ農産物直売所運営者、生産者、行政関係、6次産業化を進める企業など、多くの皆さまでお誘い合わせの上、ご参加ください!
参加費は無料です。ご参加希望の方は、下記の参加申込用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、FAXかEメールで弊社までお送りください。お電話の場合は、弊社(TEL:0265-82-1260)までご一報ください!

【参加お申込み用紙】


↓↓クリックしてダウンロード


日時:2018年2月27日(火)
   13:00〜16:30

場所:TKP仙台西口ビジネスセンター 
   カンファレンスルーム3A
(宮城県仙台市青葉区本町1-15-31 シエロ仙台ビル)