トピックス

産直コペルvol.18のご紹介!

タイトルなし

タイトルなし

 本号では、「鳥獣害対策」を特集テーマに取り上げました。農林水産省の調査によると、鳥獣害による平成26年度の農業被害は191億円。その被害は甚大です。鳥獣被害への対策を進める地域や、捕獲した動物を食肉として提供する店舗を取材し、鳥獣害対策の現状とこれからについて考えました。

◇富山県黒部市の阿古屋森づくりクラブに聞く「カウベルトを使った里山の再生」
◇長野県大町市に聞く「モンキードッグが担う自然との共生」
◇長野県下諏訪町自然育工房岳に聞く「捕獲・解体現場」
◇長野県伊那市のざんざ亭に聞く「鹿肉活用の道」
◇獣害対策グッズの有効な活用方法

などなど。乞うご期待!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■2つ目の特集に、日本最大規模の大型直売所、愛媛県今治市「さいさいきて屋」の新店舗オープンを取り上げました。新設2店舗の特徴と、JA越智今治さいさいグループの代表西坂文秀さんの目指すところに焦点を当てました。

■今号から新連載「長谷プロジェクト ふるさとのリアル」をスタートします。東京で暮らす編集部丸山が、自らの実家がある長野県伊那市長谷地域についてつづりました。高齢により田んぼを管理し切れなくなった彼女のお父さん。実家の田んぼはこれからどうなる?!

■「土から育てるvol.7」では、埼玉県入間市の鶏卵農家(有)桂ファームを取材しました。鶏卵直売で年間2億円を売る同社の栗原さんに、土づくりや、その経営哲学について聞きました。

■「日本各地の直売所の声・ザ ボイス」では、静岡県袋井市の「とれたて食楽部」の声をお届けします。

全国の地域おこしの先進事例が満載

都会で味わう田舎vol.14 都市近郊で出会える里山の味「滋味に富んだ季節の御膳」

タイトルなし

タイトルなし

 農家料理『高宮』は、東京都町田市郊外の多摩丘陵の東端の雑木林の中にひっそりとある。山の麓に佇む檜の一軒家。原生的な自然が残る里山の風景。それだけでも、都会暮らしの人にとっては魅力的だが、そこで季節感たっぷりの山菜や木の芽、地元産の旬の食材を使った素朴な農家料理が堪能できる。昔から続いてきた農家の手料理の知恵を今に活かした伝統和食を提供している。都市近郊でこのようなスタイルの店はなかなかお目にかからない。アクセスは悪いが、徐々に口コミが評判を呼び、今では客入りが絶えないと店主は言う。都市生活者に、里山文化を今に伝える憩いの場として滋味に富んだ食を提供している農家料理『高宮』を取材した。


毎日、竈で火をおこしてご飯を炊く




 靴を脱いで暖簾をくぐると、すぐ右側に特注の竈と手水鉢が設置されている。これは店主の野村徹也さんの一番のこだわりだ。毎日2回(予約にもよるが)、竈に薪をくべて鉄の羽釜でご飯を炊く。今ではほとんど見ることのなくなった「竈」。飯炊きの最中に出る薪の「ぱちぱち」という音と羽釜の中の米が炊かれる「ゴー」という音とともに薪火から出る煙の芳醇な香りや蓋から漏れ出す湯気が室内にこもり、なんとも待つ人の食欲をそそる。
 「かまど炊き」は火力の強みがご飯を美味しくするという。炊きあがったご飯をのぞくと、強火の証である「カニ穴」と呼ばれる熱の通り道がたくさんできている。一粒一粒がしっかりふくらんで、弾力がある歯ごたえとなる。野村さんのこだわりは竈だけでなく、蓄熱性と発熱効果が高い鉄の羽釜を使用しているという点。「土鍋炊きご飯の店はあっても、鉄羽釜で炊く店はそうはないよ」と野村さんは得意気に語った。
 店の店員の市川さち子さんも「うちでは、ご飯のおかずにご飯がなるの」と笑う。お米は、宮城県の契約農家から仕入れているブランド米「つや姫」だ。


本日の一汁七菜




 『高宮』では、地場で採れる旬の山菜や自家栽培の野菜を使って、季節に合わせて昔から農山村で食べられていたような料理を提供している。栽培から収穫・加工・調理までの一連の流れを通ってようやく食卓に出される料理には、十分な手間と時間がかけられている。例えば、大根を天日干しにして切り干し大根を作ったり、原木栽培したシイタケを干して出汁に使用するなど、出来合いのものを使用するのではなく、自分のところで手間をかけて一から加工する。かつての農山村でそうであったように、だ。料理には、自身が栽培した原木シイタケと昆布を合わせて水に戻し、一昼夜かけてじっくりとった出汁を使っている。これらに加え、素材の組合せをアレンジしたり、味付けにひと手間加えて季節感を出したりと美味しい食べ方を提案している。丁寧に作った料理は、年代物の木製の漆器の小皿に盛りつけ、昔の敷膳のしつらえのようにお盆に載せられて目前にだされる。


食事の満足度には、食空間が大きく左右する


地元、信州の農・食・暮らしを発信

直売所論考 直売所は地域の食文化の伝道所

タイトルなし

タイトルなし

 信州には季節ごとに様々な作業や行事があり、昔から、それに合わせた、なくてはならない伝統的な行事食があります。本号で焦点を当てている「おさなぶり」や「おこひる」で楽しむ、ちょっとお腹にたまる、幾分甘めのものが多い伝統食は、その代表格です。
 伝統食と言っても、姿かたちや作り方が昔から全く変わっていないわけではなく、時代や生活の変化とともに、少しずつ「現代化」されています。朴葉巻きをいっぱい作っておいて、レンジでチンして食べるなんてのは、その典型例かも。

 こうした地域の伝統食は、人々が実際の暮らしの中で食べ続けることで守られ、引き継がれていきます。
 近年、農業への関心が高まったり、健康食に注目が集まっている中で、地域食がテレビや雑誌などの表舞台に登ることが多くなってきました。著名な調理士やフードコーディネーターの方々が、時に「私がこの伝統食を発掘しました」というような発言をしていることを目にしますが、これは〝西洋人によるインディアンの発見〟と同じような類のずいぶん傲慢な話。発掘・発見され、表舞台に出るずっと前から、地域の暮らしの中で、そこに住む人々が、作り食べて来たのであり、その場面こそが本当の意味での「表舞台」のはずです。

 そんな、農村の暮らしに根ざした地域食・地域の食文化を、農家から消費者に直接伝えることができるのが直売所の大きな魅力です。「ウチはこうやって食べている」「この伝統料理のコツはこの辺り」という話を、出来上がった加工品やその素材を売り買いする時に、しっかりと伝え広げていく―直売所は、地域の食の伝導所です。
 しかし、直売所販売スタッフも徐々にではあれ若返ってきており、食文化を伝えようにも、伝える当の本人=販売スタッフの方が、冷凍食品やレトルト食品頼みの暮らしをしているという皮肉な例も見受けられようになってきてしまいました。
 これではいけない!多くの心ある直売所では、販売スタッフや、出荷農家の若い世代が、自分たち自身もちゃんと地域の食を継承していけるよう、様々な講習会や勉強会を開いています。消費者の皆さんも、そういう催し物に是非ご参加ください。

(平成28.7.21 産直新聞第93号より)

直売所がこの先生きる道を共に探る

「信州直売所学校 2016」開催決定!

タイトルなし


 昨年開催し、参加者の皆様から大変好評をいただいた「信州直売所学校」を、今年も開校することが決まりました。県下の直売所スタッフのスキルアップを目標に、直売所運営にまつわるさまざまな分野について幅広く学ぶ人材育成講座です。
 昨年度は塩尻市で開催し、長野県内32か所の直売所の皆さまからご参加いただきました。今年はより多くの皆さまからご参加いただきたく、伊那市と上田市の2か所で開催いたします。
 農産物の栽培から売り方、また遊休農地対策やグリーンツーリズムまで、幅広いテーマに毎回その分野の第一線で活躍する講師を迎えた、魅力ある講義内容となっています。ふるってご参加ください!


開催要項



〈開催期間〉


2016年7月~2017年2月まで
(月に1~2回実施し、全10回の講義を行う)

〈開催場所〉


伊那会場:信州大学農学部ゆりの木(上伊那郡南箕輪村8304)
上田会場:浅間リサーチエクステンションセンター(上田市常田3-15-1 信州大学繊維学部内AREC)

〈講義時間〉


15:00~18:00 まで

〈主催〉