トピックス

南アルプス農ある暮らし学び塾【伊那校】受講生募集!

タイトルなし

タイトルなし

●申込書↓↓ダウンロードはこちらから↓↓ 



伊那市では今年より官民共同で「南アルプス農ある暮らし学び塾」を開催します。
農業や有機・自然栽培に関心のある方、農地を引き継がなければならないと考えておられる方……そんな方々を対象とした初歩から学ぶ講義と実技の勉強会です。

土づくりってどうするの?
栽培はどうやるの?農家は何を考えているの?
そんな疑問にもお答えする納得の全9回プログラム。

夫婦・親子・友人とのご参加も大歓迎です。
受講料は無料です。

●会場:気の里ヘルスセンター栃の木
    実技研修は伊那市長谷地区の研修圃場で行います。

●日時:毎月月末の金曜日 19時00分~21時00分
    実技は講義の次の日の土日に行います。
    現地集合・現地解散となりますのであらかじめご了承ください。
    その都度、事前に参加希望者を募ります。

全国の地域おこしの先進事例が満載

南アルプス農ある暮らし学び塾【東京校】受講生募集!

タイトルなし

タイトルなし

●申込書↓↓ダウンロードはこちらから↓↓ 



長野県南部、南アルプスと中央アルプスに抱かれた伊那市で「南アルプス農ある暮らし学び塾」を開講します。自然豊かな伊那市の、農業とともにある暮らしを身近に感じていただこうと今年度スタートしました。農業のなかでも特に有機・自然栽培を志す地元農家さんを講師に迎え、自然と共にある暮らしをさまざまな視点から学びたいと思います。

土づくりってどうするの?
栽培はどうやるの?農家は何を考えているの?
そんな疑問にもお答えする納得の全7回プログラム。

「有機・自然栽培」について夫婦・親子で学ぶもよし、「農ある暮らし」を体験してみるもよし、移住を考えるもよし、都会人と伊那市をつなぐ農業塾です。毎回、伊那市の職員も参加し、移住や就農、観光についてのご相談にもお答えします。

●会場:朝日新聞社東京本社読者ホール

●時間:18時30分~20時30分

●お申込先
 株式会社産直新聞社 農ある暮らし学び塾係
 Email:organic@j-sanchoku.net
 ファクス:0265-82-1261

地元、信州の農・食・暮らしを発信

「信州花フェスタ2019」開催!

タイトルなし

「第36回全国都市緑化信州フェア
信州花フェスタ2019〜北アルプスの贈り物〜」を特集した
さんちょく新聞99号(4月3日発行)はもうご覧になっていただけましたか?

タイトルなし

この「信州花フェスタ2019」が、4月25日(木)から53日間の会期で開催されます。
長野県で初の開催となる同フェスタは、メイン開場となる「松本平広域公園(信州スカイパーク)」=松本市=を中心に、個性豊かな8開場を季節の花と緑が彩ります。

さんちょく新聞では、この信州花フェスタの魅力を徹底解剖!

◆見所スポットのご紹介
◆専門家インタビュー 植物調達の裏話聞きました!
◆信州那覇フェスタ2019座談会 これからの花・緑との付き合い方
◆グリーンシェアスポット

など、盛りだくさんの内容でお届けいたします。
ぜひお手にとってご覧ください!

さんちょく新聞は、長野県内の農産物直売所の店舗様、ニシザワ直売所コーナーなどで無料で配布しております。
※数に限りがございます。お早めにどうぞ。

直売所がこの先生きる道を共に探る

「直売所経営セミナー2019 in 愛媛」開催のお知らせ

タイトルなし


タイトルなし
道の駅 天空の郷さんさん(久万高原町)

あの直売所はどうしてあんなに元気なんだろう? この道の駅はなんでこんなに人気があるんだろう?……こんな疑問を解く一つの糸口として、直売所経営セミナーを開催します。テーマは、ズバリ!「ポスレジデータを活用した売上げ向上策」。この領域で先駆的な取り組みを進める愛媛県内の2つのお店=道の駅天空の郷さんさん(久万高原町)と道の駅内子フレッシュパークからり(内子町)に、貴重なノウハウを話していただきます。
 直売所の経営改善の核心的ノウハウに迫る初めてのセミナーです。売上げが頭打ちで困っている、どうすれば具体的な改善が進むか分からない……そんなお悩みをお持ちの直売所関係者、行政、JA担当者、直売所に出荷する農家の皆さんに、幅広く参加を呼びかけます。ぜひ、お誘いあわせの上ご参加ください。

主催:株式会社産直新聞社
後援:愛媛県・一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構
協力:道の駅天空の郷さんさん・道の駅内子フレッシュパークからり
   株式会社愛媛電算・株式会社寺岡精工松山営業所


「直売所経営セミナー2019 in 愛媛」



プログラム



◆問題提起
全国・愛媛県の直売事業の現状と経営改善上の課題
農水省選定「地産地消の仕事人」株式会社産直新聞社 代表取締役 毛賀澤 明宏