トピックス

産直コペルvol.38のご紹介!

タイトルなし

タイトルなし
ライ麦の茎でつくった「麦わらストロー」

【特集】直売所から脱プラスチックを考える



脱プラスチックに向けた動きが、世界各国で急速に進んでいます。
深刻さを増す温暖化についても、国際会議の場で主要な議題として取り上げられています。日本は、早ければ2020年から「レジ袋有料化」を義務化する方針を表明しています。農産物直売所もレジ袋はもちろんのこと、農産物や加工品の包装資材など、他の小売店と比べてもプラスチックの恩恵にあずかってきた事業だと言えるかもしれません。
 今回紹介する小さな取り組みだけで、世界のプラスチックごみ問題が解決するわけではありません。しかし、かつての暮らしを振り返り、新しい価値を生み出そうとする人々の受け皿となる場所が増えれば、全国の直売所がその受け皿となれたら、社会は少しずつ変わっていくかもしれません。今号では、そんな視点から「脱プラスチック」について考えます。

■取材したのは■
*竹細工とともにあった生活から「脱プラ」を考える 松本みすず細工
*麦わらストロー革命!東京都檜原村から始まる「脱プラ」の取り組み
*SDGs×直売所 農産物直売所がSDGsを意識すれば、地域が変わるかも?
*うちでもやっています!直売所でみつけた「マイバック」

そのほかにも・・・
◆土から育てるvol.26「年間120トンのベビーリーフ“菜五味”を主力に、丹波ブランドの野菜づくりを目指す―丹波リーフ株式会社堂本憲造さん、幸信さん兄弟を訪ねて―」
◆農の点景 ひとつながりの命草間舎の田畑から(10)「誰も知らない」
◆NEW HERO〜次世代を担う高校生〜「地域に支えられ、地域を支え、地域と共に歩む恵那農業高校」(岐阜県立恵那農業高等学校)
◆チャレンジ圃場運営日記 「農業はじめました」

全国の地域おこしの先進事例が満載

消費税率変更に伴うお知らせ

『産直コペル』をご購読頂いておりますお客様へ


平素より、雑誌「産直コペル」をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、2019年10月1日からの消費税法改正に伴い、弊社商品につきまして消費税10%を適用させていただくこととなりました。本体価格は据え置きでお届けします。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

・単価 
 改正前)680円(8%税込) → 改正後)693円(10%税込)

・年間定期購読料(1冊)
 改正前)3,240円(8%税込) → 改正後)3,300円(10%税込)

●年間定期購読料は、2019年10月1日以降の、新規および更新のご契約に関しまして、10%の税率を適用させていただきます。2019年9月30日までに更新月を迎え、お振込をお済みのご契約に関しましては、8%の税率を適用させていただいております。
●現在前金でお預かりしています金額に該当する号数分につきましては10月以降発売分の消費税の差額は請求いたしません。お預かりの代金が切れる号までは現在の代金でお届けします。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。


代表取締役 毛賀澤 明宏

地元、信州の農・食・暮らしを発信

<重要>【りんご学校】「現地研修(2)」中止のご連絡

タイトルなし


信州飯綱りんご学校(入門編)にご参加の皆様へ

10月12日-13日に実施予定だったりんご学校入門編「現地研修(2)」ですが、
台風19号が勢力を維持したまま本州に上陸するとの予報を受け、
皆さまの安全を考慮した結果、大変心苦しくはあるのですが、今回は中止とさせて頂きたく存じます。

皆さまには多大なご迷惑をお掛けしますこと、心からお詫び申し上げます。
なお、宿泊料など、中止に関わるキャンセル料は一切発生いたしません。

今回の中止に伴う振り替え実施につきましては、関係諸団体と協議し、
調整が付きましたら検討したいと思っております。
その際はまた皆さまにご連絡いたします。

ご迷惑をお掛けしますこと、重ねてお詫び申し上げます。
何かご不明な点がございましたら、ご連絡ください。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社産直新聞社 りんご学校係

直売所がこの先生きる道を共に探る

「農産物直売所経営セミナー in 日南」を開催します!

タイトルなし


産物直売所は県内でも年々発展の傾向を見せ、農産物の地産地消の流れの重要な部分を担うようになってきました。しかし、その一方で、小規模な直売所では商品不足と高齢化の波に洗われ売上げ停滞が続いています。
こうした中で、現在の直売事業の課題を明確にし、その克服・改善の方法を体系的に学び、意見交換をする場がますます必要になっています。
宮崎県では、(株)産直新聞社と共同して、直売所の活性化を目指すセミナーを、9月より3回にわたり日南市の会場で連続して開催します。
講師・ファシリテーターは、宮崎県農産物直売所人材育成事業の専門コーディネーター 株式会社産直新聞社 代表 毛賀澤明宏が務めます!
直売所や道の駅で中心的役割を果たしている運営者・店長・販売スタッフ・生産農家・行政や各種団体、関係企業の担当者の皆さんなど、多くのご参加をお待ちしております。

主催:みやざきの食と農を考える県民会議
企画運営事務局:株式会社産直新聞社

日程・会場



第1回 2019年9月9日(月)13:30〜16:30(開場13:00)
第2回 2019年12月5日(木)13:30〜16:30(開場13:00)
第3回 2020年1月28日(火)13:30〜16:30(開場13:00)
【会場】宮崎県日南総合庁舎1階5会議室(日南市戸高1-12-1)

研究テーマ



第1回