全国の地域おこしの先進事例が満載

学校給食その3 地域で〝食〟を支える 長谷中学校の挑戦

 長野県は伊那市長谷地区。南アルプスと伊那山地の中間に位置する山間部にある伊那市立長谷中学校では、昭和36年の開校当時から、子どもたちに「食」の大切さを伝えることに力を入れてきた。現在の生徒数は全校で34名。
 同校に併設された給食調理室では、長谷小学校と長谷中学校の生徒と教職員合わせて約150人分の給食が毎日作られている。
 地域の高齢者割合は40%を超え、世帯数、人口の減少が年々進むこの地域。長谷では、食を通し子どもたちに何を教え、そしてどのような課題を抱えているのか、同校の高木幸伸現校長にお話をうかがった。
 「長谷中学校には、開校時から今に至るまで、食を大切にする考え方が根付いています」。高木校長はそう話す。同校には、生徒たちが給食を食べる専用の「ランチルーム」がある。これは、〝学ぶところと食べるところは別であるべき〟という考えのもと、開校時に造られた部屋で、長野県内でも初めての試みだったという。
 給食の時間には全校生徒がこの広間に集まり、皆で一緒に給食を食べる。食べる時間を大切にしてきた同校では、給食の残数は毎日ほぼ0。「それが当たり前の光景」だという。生徒たちの中で食を大切にする精神が根付いていることの表れだ。
 また、毎日同じ空間で顔を合わせて食事することは、生徒同士の連帯感も生むのだという。